通勤チャットレディは、至れり尽くせりだという考えの人もいます。

しかし、通勤だからこその悩みがあるのも事実です。

 

メリットが多いように見える通勤チャットレディのデメリットは、一体どんなものがあるのでしょうか。

・通勤チャットレディは報酬が低い!

基本的にチャットレディの報酬は高いのですが、ネット上などで記載されている金額はほとんどが在宅チャットレディの報酬です。

通勤チャットレディは、部屋や機材の使用料を引かれたりなどするため、在宅と比べるとどうしても報酬が低くなってしまうのです。

 

 

しかし、ウェブカメラやパソコンなどを自分で用意する必要がないので、初期費用として大きなお金を遣わずに済むというメリットもあります。

在宅の場合、これらを自分で用意しなければならないために、報酬も通勤よりは多少多めに設定している事務所がほとんどなのです。

・個室がいつも空いているとは限らない?

通勤チャットレディが使える個室は、その人専用ではありません

あなた意外のチャットレディが先に部屋に入ってしまい、満室となった場合は、せっかく通勤したとしてもチャットレディの業務が出来ないのです。

 

予約制度を取っている事務所もありますが、基本的には先着順としている事務所がほとんどなので、仕事をしたい時に出来ないことがあるのも、通勤チャットレディならではのデメリットでしょう。

チャットレディの個室は、どれだけ知名度の高い事務所であっても数多くあるわけではありません。

 

 

満室になった時はいいのですが、経営側は使われなかった時のことを考えるからです。

ただ、事務所によって個室が満室になりやすい時期や時間を把握している所もあるので、予め満室になりやすい時を聞いておくといいでしょう。

・遠方に住んでいると交通費がかかりすぎる!

事務所が用意した個室が、自宅から近ければ交通費はほとんどかかりません。

しかし、車で1時間以上などの遠方に住んでいる場合は話が変わってきます。

 

チャットレディの業務でお金を稼いでも、交通費が多くかかってしまうと損をしたような気になってしまうのです。

事務所もチャットレディの数に比例するほど、部屋を用意しているわけではありません。

 

 

1つのサイトで1000人以上のチャットレディが所属しているなど、ざらにあります。

そのため、大きな事務所であればあるほど仕事をしたくても出来ないという状態に陥りやすいのです。

 

ほとんどの事務所に言えますが、基本的に通勤時の交通費は自腹です。

そのため、遠方すぎるとどうしても交通費の負担が大きくなってしまいます。

 

 

チャットレディは、メリットばかりではないことが分かりましたか?

ただ、条件さえ合えばかなり良い環境で仕事が出来るのです。

 

通勤チャットレディを目指す方は、自分の望む条件に良い場所が見つかるといいですね。