チャットレディの通勤型は、ノルマや勤務時間がどうなっているのか気になる人もいるでしょう。

しかし、結論だけ言えばノルマや最低勤務時間などは存在しません

 

ただ、チャットレディが業務を行うチャットルームは営業時間が決まっているので、その時間内で仕事をする必要があります。

・チャットレディの通勤はノルマなし?

通勤チャットレディに、ノルマは存在しません

自分の稼ぎたい分だけ、時間の許す限り業務を行うことが可能です。

 

 

むしろ、チャットレディ自体が時間の空いた時に行うというのが一般的なのでノルマを決めてしまうと、チャットレディとして活動出来ない人も出てくるのです。

そのため、各事務所は大勢のチャットレディを登録していて、チャットルームがゼロにならないように工夫をしているのです。

・チャットレディで通勤型は勤務時間がある?

チャットレディでも通勤なのだから、勤務時間があるのではないかと考える人もいるのではないでしょうか。

しかし、先述の通り時間が空いた時に行うものなので決められた勤務時間はありません

 

ただし、事務所が展開しているチャットルームには営業時間があります。

一般的な時間として、午後1時~朝6時までというところがほとんどのようです。

 

 

決められた勤務時間はありませんが、営業時間内でしか業務が行えないので、予め自分で活動時間を決めないといけません

ある意味では、これが勤務時間になるのかもしれませんが、強制されたものではなくあくまでも自分自身で決めなくてはいけないのです。

 

他のチャットレディとスケジュールが重なってしまい、チャットルームが満室で使えなかったということもあるので、きちんとスケジュール管理はしておきましょう

・チャットレディの通勤はすべて自分次第で決められる!

在宅と通勤、これはどちらにも言えることですがチャットレディの仕事は基本的に自分で決めます

大体1日にこれだけ稼ごう、と自分にノルマを課して業務に当たる人が多いようです。

 

 

逆を言えば、自分で決めなければお金は入ってきません

少しでも怠けグセをつけてしまうと、収入に繋がらないので大変な仕事とも言えます。

 

自分で行動をした分だけ、お金となってチャットレディに入ってくるのです。

そのため、自分で決めていたノルマを怠けてしまい、思ったような収入に繋がらなかったという人も珍しくはありません。

 

 

チャットレディの通勤には、ノルマも勤務時間もありません

自分が稼ぎたいと思った分だけ、チャットレディとして仕事をして収入に繋ぐことが出来るのです。

 

ある意味では、他人からノルマや時間を決めてもらった方が楽だと感じる人もいるでしょう。

しかし、自分ですべてを決めるものだからこそ時給換算ですれば結構な金額になるのです。

 

 

チャットレディの報酬には、自分で自分をマネジメントする料金も入っていると考える人が多いようですね。